Monday, 30 March 2020

OL日記に変更

このブログ、最初は、イギリスの語学留学の準備とか留学生活を記録に留めたくて始めたのですが、そのままワーホリ日記になって、すでにワーホリから帰国して2年以上経ってしまいました。

今では、すっかり日本でのOL日記って感じになっていますので、ブログランキングのOLに登録変更しました。

今までは派遣社員だったので、自分がOLだとは思っていなかったのですが、契約社員とはいえ、一応直接雇用になったので。

ということは、一応、OLなのかなあ。ということで。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村


OLランキング

アラサーOLと30代OLで悩んだのですが、もうアラサーでもないなあ、って思って30代。

40代OLに変更する頃になる前には、イギリスに再度留学したいです。


Wednesday, 25 March 2020

行けない思うと行きたくなる海外旅行

新型コロナウィルスの影響で、最近とても仕事が忙しい日々が続いていました。

本当は、3月から新人さんが入社する予定で、そのトレーニングを任されているのですが、その入社が延期になってしまい。

その新人さんが、私の異動前の業務を引き継いでくれる予定だったのに、入社が延期になってしまった為、当分の間、私が新しい業務と古い業務を掛け持ちすることに。

昨年育休に入った正社員さんがいるのですが、新しい業務の一部は、その人の穴を埋める業務で、まともに引継ぎもしてもらってない。

彼女が育休に入った時点では、派遣だった私には彼女の穴埋めはまわってこなかったので安心していたのですが、直接契約になるということで、彼女がやっていた業務の一部がまわってきました。

直接契約になるの、早まったかな。

せめてもの救いは、新型肺炎問題で正社員の人達がどんどん自宅勤務に切り替えたので、ちょっとした雑務とかを頼まれる事がなくなった事かな。

普段より、自分の仕事がはかどるような気がする。

そろそろ一段落ついて、以前のペースで仕事が出来るようになりそうです。

そして、忙しい時は考える暇もなかったのですが、少し落ち着くと、またどこかに旅行に行きたくなってきました。

今は、海外旅行なんてしているような時ではないと良くわかっているのですが、行ったらダメだと思うと、余計に行きたくなる。

別に、近いうちにどこかに行こうと計画していた訳ではないのですが。

ダメだと言われてるから、行きたいだけです。

仕方がない。今は、お金貯める時期と割り切って、せっせと節約・貯金に励みます。

Tuesday, 10 March 2020

ジョブ・ディスクリプション

今年から、今まで派遣で稼動していた会社で、契約社員として働き始めました。

今までは、チーム付きアドミ(事務)だったのですが、新しいポジションでは、その部署の部門長の秘書業務を行うことになりました。

でもその会社では、「秘書」というジョブタイトルがついた、専属の「秘書」がつくのは、役員以上。

部門長程度では、専属の「秘書」はつきません。

正社員のアドミが、主に部門長の秘書業務をやりつつチームのサポートを兼務して、派遣のアドミがチームのサポートを主にやるという感じ。

私が働いているチームは、ある新規プロジェクトの為に集められたチームで、プロジェクトマネージャーは部長クラス。彼がフラットな組織がお好みなのか、特に秘書的な業務を行うアドミの方はいらっしゃいませんでした。

プロジェクトチーム=テンポラリー、という事で、アドミは派遣という意向だったようですが、新規プロジェクトが軌道にのってきて、追加のオーダーも受け、「プロジェクトチーム」から、「部署」に格上げになってきて。

つまり、プロジェクトマネージャーが出世されたわけなんですね。

なので、今までこのチームをサポートしていた私を契約社員にして、彼の秘書業務を担当させようという事になったんだと思います。

そして、新しく契約社員でチームアドミをもう一人採用すると。

私の新しい仕事内容は、プロジェクトマネージャーの秘書業務が主となりましたが、ジョブタイルは、アドミのまま。

そして今は、新型コロナウィルスの影響で新人さんの入社が遅れているため、今までやっていたチームのサポート業務もあわせて行っています。

はっきり言いうと、立場がとても不明瞭。

そして、やたら忙しい。

その原因は、私の仕事範囲の線引きが明確になされていないからだと思う。

このな時、イギリスで働いてた頃が懐かしい。

イギリスには、ジョブ・ディスクリプションというものがあって、仕事が変われば、ジョブ・タイトルが変わり、ジョブ・ディスクリプションが変わりました。

ジョブ・タイトルが変わったら、今までやっていた事でも、自分の仕事でなくなったら、やらなくても良いのです。

その辺りは、けっこうドライ。

でも、日本には無いんですよね。ジョブ・ディスクリプション。

強いて言うなら、部署名と肩書きが、ジョブ・ディスクリプションみたいな感じ。

私の場合、今回の異動では部署と肩書きが変更していないので、余計にダラダラと以前の仕事が私にまわってきてしまうのです。

まあ、主な原因は、私の仕事を引き継ぐ新人さんの入社が遅れていることで、プロジェクトマネージャーもその事は理解しているので、今はとりあえず、昔の仕事もやるように指示されているのですが。

でも、新しい業務(秘書業務)も徐々に入ってくるので、やたらと忙しい。

仕事の責任範囲が不明瞭というか、契約がきちんと交わされていないというか、だらしないというか、そういうのが日本の働き方の特徴で、私が日本で働きたくない理由の一つです。

でも、今は非常事態ということで、我慢。

はやく、新型コロナ問題が収束してくれないかなあ。

Monday, 9 March 2020

けっこうちゃんと働いてるなあ

最近思うんです。

私、けっこうちゃんと働いてるなあ。

今の会社は、派遣で約2年半稼動していたのですが、直接雇用のオファーをもらい、2020年から契約社員として働いています。

3年前にイギリスワーホリから帰ってきて。

絶対に再度、イギリス留学すると心に決めて、お金を貯める為に手っ取り早く派遣で働き始めました。

日本での仕事は腰掛のつもりだったのですが、気がついたら、もう3年目。

元々、腰掛で働くつもりだったので、あまり深く考えずに、一番最初に決まった派遣で働き始めたんですね。

派遣も、会社名も確認せず、とりあえず時給と仕事内容と会社の場所だけで応募して。
顔合わせに行く時に、会社の住所と担当者の名前を教えてもらって、初めて会社の名前を知ったのです。

かなり大企業、の子会社で、子会社でも大きな会社で、ステキな事務所に圧倒されながら、こんな会社、絶対に受からないだろうと思いつつ顔合わせをして。

そしたら、是非来週から来てください、となって。

なんとなく働きはじめたら、さすが大会社だけあって、社員さんも穏やかで優しい。

居心地がよいから、ずるずると二年半も働いてしまって、そのまま契約社員にしてもらったという感じ。

多分、ラッキーなんですね。

でも、けっこうちゃんと働いているんですよ。

Saturday, 7 March 2020

新入社員さんの入社日が延期に。

直接雇用になって最初の仕事として、新入社員のトレーニングを任される事になっていたのですが、新型コロナウィルスの影響で、新人さんの入社日が延期になりました。

会社では、リモートワークのシステムはあったのですが、実際使用されていたのは、出張が多い方だけで、私のような事務員は使用していませんでした。

今回、新型コロナウィルスの対策として、順次、事務系の社員にもリモートワークができる機器を支給しはじめました。

でも、まだまだ社内の体制が万全でなく、私自身は、今、リモートワークの為のパソコン設定のサポートや、色々な書類の整備に忙しく、せっかく新人さんが来てくれても、トレーニングする余裕がなさそうです。

そして、私自身は、まだまだリモートワークできそうにありません。

事務員って、事務所にいて他の社員さんから依頼されることをやるのが仕事ですからね。

私の新しいポジションは、部署の部門長秘書をかねているので、ボスがリモートワークを始めたら、私自身が会社に行こうが、自宅で仕事をしようが、同じことなのですが。

でも私は、できるだけ会社に行って仕事をすると思います。

家で仕事をする自信がないので。

自宅って、誘惑が多すぎる。

すぐに遊んでしまいそう。

まあ、そんなわけで、新入社員さんのトレーニングは、4月まで延期となりそうです。

新人さんが入るまでの間、私の仕事内容が微妙なのが不満ですが、非常事態なので、仕方がありません。

イギリス人男性って、なぜ結婚したがらないんでしょう。

前回の投稿、、 英国で働くことの難しさ(VISAの観点から)  の若干続きです。 英国で働くにはVISAという高い壁があり、英国で労働許可証を取るのは至難の業なわけですが、 それ以外に英国で働く事ができるVISAをとるルートがあります。 それはズバリ、英国人と結婚して、...